SAi、POPディスプレイとボックス構造を簡単に作成できる、パワフルな3次元デザインソフトウェアを発売

ディスプレイとボックステンプレートライブラリを簡単に調整可能な、Flexiと共に作動する新しいソフトウェアは、設計時間の削減と、費用のかかる生産エラー低減を実現

ユタ州ソルトレイクシティ(米国) - 業務用サイン製作、ワイドフォーマットのデジタル印刷およびCNC向け機械加工業界向けCAD/CAMソフトウェアソリューションの大手プロバイダーであるSA International(SAi)は、SAi DisplayGenieを発売しました。これは、同社の評価の高いFlexiソフトウェアと共に作動する、効率性向上を実現するポップ(POP)ディスプレイとボックスデザインソフトウェアです。

アプリケーションのサービス拡大を目指す印刷会社のために設計されたAi DisplayGenieは、複数のステップを排除し、制作の効率性を高め、折りたたみ式カートン、ダンボール紙、サンドイッチ資材のPOP、フリースタンドのディスプレイユニットおよびパッケージングの構造設計を簡素化します。

SAiの製品ディレクターであるDean Derhakは次のように述べています。「SAi DisplayGenieにより、大型フォーマットの印刷プロバイダーでは、現在、通常は特定メーカーのハードウェアとの抱き合わせ販売の高級パッケージの価格を支払うことなく、POPディスプレイおよびボックスの製作が迅速で簡単に行えるようになります。」

「アプリケーションのサービスを拡大することにより、印刷会社では簡素化、高速化したジョブ設計プロセスにより、制作作業の改善と収益増大を実現し、競争力を高めることができます。」

調整が簡単なPOPディスプレイとボックステンプレートの広範なライブラリ

SAi DisplayGenieは、フラットベッドのプリンターとカッターに対応する既存のすべてのワイドフォーマットRIPソフトウェアと互換性があります。また、ディスプレイとボックスの構造設計を簡素化する、シンプルで総合的なツールセットも用意されています。ユーザーは、人気のある折りたたみ式POPディプレイ、ECMA* やFEFCO*ボックステンプレートで構成される、拡大し続ける広範なライブラリから、既存のテンプレートをすばやく選択、カスタマイズすることができます。またこれらは、新しいアートワーク、デザイン、イメージ、テキストなど、様々なオプションの使用によるパーソナライズが可能です。デザイナーは、DisplayGenieの直感的インターフェースで新しい幾何値を入力でき、Flexiソフトウェアはそれに基づき数秒でパラメトリックにデザインを再構築します。

動画の3D折りたたみ式プレビューを使った統合グラフィックと構造デザインにより、制作に誤りを発見することができるため、ワークフローの効率性を維持できます。また、顧客レビューまたは製作前調整のために、回転式パッケージディスプレイやボックスデザインを3DのPDFファイルとしてエクスポートできる機能も備わっています。

このため、既存のサードパーティソフトウェアでの作品製作でデザイナーが直面する、骨の折れる作業は不要となります。通常、3Dでの視覚化は困難で、Adobe IllustratorまたはCorelを使用し、正確なデザインを制作することは往々にして時間がかかり、制作中は常に試行錯誤の作業に頼らざるを得ません。これは、折りたたみの材料の厚みと、折りたたみの習性を適切に考慮することが困難なことによります。

SAiでは、DisplayGenieは、すでにフラットヘッドプリンターを使用している企業、またフラットベッドカッターの採用を検討中の企業にとって魅力的な製品となることを期待しています。後者の場合、ソフトウェアを組み合わせることにより、サービス範囲の拡大による収益増が実現します。Flexiの既存ユーザーにとっては、慣れ親しんだインターフェースで使いやすく、既存のライセンス数でパッケージをご使用いただけます。

SAi DisplayGenieは、Windows バージョン7、8、10のPC(32および64ビット)に対応しており、欧州のSAi 再販業者より1,995ユーロ / 1,595ポンドでご購入いただけます。

*ECMAは欧州カートンメーカー協会(European Carton Makers Association)、FEFCOは欧州段ボール連盟(European Federation of Corrugated Board Manufacturers)の略称です。