SAi、FlexiPRINT HP Latex Editionの新規主要機能拡張を発表

無料のソフトウェアアップグレードにより利用可能な一連の新しいツール

ユタ州ソルトレイクシティ(米国) - 業務用サイン製作、ワイドフォーマットのデジタル印刷およびCNC向け機械加工業界向けCAD/CAMソフトウェアソリューションの大手プロバイダーであるSA International(SAi)は、SAi FlexiPRINT HP Latex Editionソフトウェアのすべての既存ライセンス向けの、無料のバージョン12 ダウンロードの提供を発表しました。

新しいバージョンには、FlexiPRINT PremiumおよびFlexiSIGN-Pro Edition向けの主要な一連の新機能が含まれています。さらに、世界中で販売されているHP Latex 310および330 プリンターのHPバンドルで利用可能なFlexiPRINT Basic Editionの拡張機能も含まれています。 

3つのパッケージはいずれもMicrosoft® Windows® 10と互換性があり、直感的なJob Nesting Alignmentツールと最新のHP Latex Driver SDKで構成されています。さらに、大手サイン制作会社、または事業拡大中の企業様など、FlexiPRINT Premium、FlexiSIGN Proをご使用中のお客様は、効率に優れた精密なデザイン、プリント、カットワークフローのために特別設計された、これまでのツールよりもさらに優れたツールセットをすぐにご利用いただけます。

数々の新機能には以下が含まれます。

  • アートワーク承認ツール - この新しいツールでは、顧客にデザインが送信されると、顧客はウェブブラウザ上でアートワークのレビューとコメントが可能となり、デザインの承認にかかる時間を短縮できます。また、各承認プロジェクトと修正を追跡し、顧客がアートワークのレビューと承認を行うと、印刷会社に通知されます。
  • バナーとキャンバス仕上げツール - グロメットマーク、折り畳み、スティッチマーク、断ち切りなど、バナーのあらゆる仕上げ作業の準備を瞬時に行うことができます。自動断ち切り設定とマークにより、キャンバスジョブの手動マーキングと準備のスループットと精度が向上します。
  • 動画によるカットビューアーツール - 1つまたは全部のビニールカラーレイヤーの全ブレードと切断動作を表示する動画プレビューにより、プロセス前に、実際のデザインの切断の様子を分析することができます。
  • 輪郭カット実形ネスティング - 実際の型に基づいて自動的にイメージを回転、ネストする輪郭カット実形ネスティングにより、プリント&カットジョブのための媒体を最大限に節約します。ユーザーは複数のビットマップまたはベクターイメージをFlexiにインポートし、輪郭カットパスの追加と実形ネストの実行をほんの数秒のうちにすべて行うことができます。ネストはその後Flexi Production Managerに送信、またはその他のRIPソフトウェアに適宜エクスポートすることができます。
  • 新しいモバイルアプリ - 会社のオーナーは、AppleまたはAndroidスマートフォン、タブレット、スマートウオッチを使用し、移動中に最新のジョブを確認できます。また、新しいダッシュボードは、独自の機能である、印刷およびビニールカットのみの出来高に関する月次、四半期毎、年間の生産見通しを表示します。
  • 最新のHP Wallart Suiteに対応 - 最高レベルのHP認定。FlexiPRINTは、HP Wallartアカウントにより、FlexiPRINTからHP Latexプロダクションプリンターまで、Web to Printのためのシームレスなワークフローを提供します。

SAiの製品ディレクターであるGudrun Bonteは、「SAi FlexiPRINT HP Latex Editionソフトウェアの新しいアップグレードは、HP Latex 300シリーズプリンターソリューションのユーザーに大幅な機能強化を提供します」と述べています。「これにより、遥かに優れたパフォーマンスと柔軟性が得られ、同時に、全体的な生産性をサポートする、より効率のよいワークフローが確保されます。」

すでに製品をお使いのお客様は、クラウドウェブウインドウにある「無料V12ダウンロード」アイコンにより最新のアップデートをダウンロードできます。SAi FlexiPRINT Basic、Premium、FlexiSIGN-PRO HP Latex Editionを新規でご注文いただく場合には、すべての製品に新しいバージョン12が含まれているため、アップデートは不要です。

新機能についての動画とアップグレードについてはこちらをご覧ください。www.ThinkSAi.com/Update